飯豊連峰縦走
 2007/10/06-08
1日目:奥胎内ヒュッテP-足の松登山口-えぶり差岳-北股岳-梅花皮小屋
2日目:梅花皮小屋-大日岳-飯豊山-三国小屋(三国岳)
3日目:三国小屋-疣岩山-巻岩山-上ノ越-弥平四郎登山口

1日目 10/06
奥胎内ヒュッテP→バス→
足の松登山口            6:05
大石山               8:55  9:15発
えぶり差岳(えぶりさしだけ)※1 10:05 10:15発
頼母木小屋(たもぎごや)     11:50 12:10発
北股岳              14:50
梅花皮小屋(かいらぎごや)    15:05 小屋泊

※1.木へんに八で”えぶり”と読む。”杁差岳”と字をあてているWEBページも多い。


遠出することがおっくうで近場の山ばかり登っている私だが、東北の朝日・飯豊連峰は一度は歩いておきたいと思っていた。 登山地図を広げると図葉いっぱいに繋がる峰々、何度も写真で目にしていた優しげな稜線が、そこにはずっと続いている。 ピークハントは全く意味が無いだろう。絶対、縦走しなければと考えていた。

夏に朝日連峰を縦走したので、この山域の車でのアプローチが少し気楽になっていた。 連休の天気予報は微妙で、いつものようにぐずぐずと迷ったが、最後は(この機会を逃すといつになるか分からない)と自分に言い聞かせ、 10月頭の3連休は飯豊連峰に決まった。

午前2時半に奥胎内ヒュッテの駐車場に到着。ヒュッテから登山口までのシャトルバスは6時に発車なので少し仮眠をする。

奥胎内ヒュッテ前
奥胎内ヒュッテ前

明るくなり車を出て伸びをしていると、あらら、もうバス待ちの行列が出来ていた。 あわてて登山靴を履いて列に並び、到着したばかりのバスになんとか乗れた。
今日は登山者が多く、増便が出るということで、1台目は6時前に発車した。ふう、幸先いいぞ。

足の松登山口からブナの森を進み、道はやがて木の根が絡まる急登になる。足の松尾根という名前はここから付けられたのかな。 バスを降りた登山者たちに紛れる前に歩き出し、静かな尾根を熊鈴を鳴らしながら登る。

登山口から一歩入ればブナの森 木の根が足元を這う 姫子の峰
登山口から一歩入ればブナの森 木の根が足元を這う 姫子の峰

滝見場より遠望 水場道標 大石山
滝見場より遠望 水場道標 大石山


大石山山頂

予定よりかなり早く大石山に着いた。南へ続く尾根に目をやると、今日の宿泊予定である頼母木小屋の屋根が光って見えている。 おにぎりを頬張りながら、汗でびっしょりの体を休めた。
大石山山頂

それにしても、大石山までは日帰り装備の何人かに抜かされていたし、休んでいる間にも足の松尾根から続々と登山者が到着していたので、 飯豊に来る人は、皆、健脚揃いだなあと驚いた。上空は早くも薄雲が覆っていたが、ザックをデポして、えぶり差岳をピストンする。

この山行は、3日間の累計で33.5時間のコースタイムになる。小屋が混む時期なのでテントを補助で背負ってはいるが、 カメラはコンデジのみにし、軽量化の為に泣く泣く三脚や一眼は置いてきた。足が調子良いのは写真に取られる時間が短いからかな。

えぶり差岳へ 大石山直下より えぶり差岳・えぶり差小屋 鉾立峰より
えぶり差岳へ 大石山直下より えぶり差岳・えぶり差小屋 鉾立峰より

えぶり差岳への道は森林限界を過ぎているので開放的で気持ちいい。草紅葉と笹原のグラデーションが美しい稜線には、わずかに咲き残った花達が風に揺れていた。 もう虫も居ないだろうに、今年最後に出合った高山の花は、健気にもまだ花びらを開いていた。

タカネマツムシソウ 高嶺松虫草 タカネナデシコ 高嶺撫子 ハクサンイチゲ 白山一華
タカネマツムシソウ 高嶺松虫草
マツムシソウ科
タカネナデシコ 高嶺撫子
ナデシコ科
ハクサンイチゲ 白山一華
キンポウゲ科

イワインチン 岩茵陳 オヤマリンドウ 御山竜胆 キバナノコマノツメ 黄花の駒の爪
イワインチン 岩茵陳 キク科 オヤマリンドウ 御山竜胆
リンドウ科
キバナノコマノツメ
黄花の駒の爪 スミレ科

えぶり差岳山頂 えぶり差小屋 えぶり差岳山頂より
えぶり差岳山頂
北の大石ダムまで繋がる道も良さそうだ。
えぶり差小屋 えぶり差岳山頂より


えぶり差小屋内部 1階

内部は1階も2階もきれい。ここで朝夕を過ごすのもいいと思う。
→2階
えぶり差小屋内部

鉾立峰直下から南方を見る
鉾立峰直下から南方を見る

日が当たると笹原が輝いて眩しく光る。

一番高く見える山は地神山。

大石山へ戻ると3人の登山者が休んでいた。時間はまだ11時を過ぎたばかり。 泊まるには早すぎるなあ、と考えながら歩いていたら、すぐに頼母木小屋に着いてしまった。

頼母木小屋は宿泊棟とトイレ棟が別れ、水場も小屋のすぐ脇に引かれているので泊まるには良い小屋だ。しかも今日は売り尽くしだとかで、ビールが叩き売りの値段だった。 予定通りここに泊まって、水場で冷やされているビールを全部飲んでやりてー!なのだが、元々CT的に無理をしている3日間なので、 詰められる行程は行かなきゃならない。時間も早いことだし先に行くことを決め、まずは2個目のおにぎりタイム。

進行方向は鮮やかな紅葉が斜面を染めていた。さっさと歩き出したくなって、おにぎりを口に押し込んで出発。

頼母木小屋 頼母木小屋を振り返って 頼母木山のお地蔵さん
頼母木小屋 →小屋内部&水場 頼母木小屋を振り返って 頼母木山のお地蔵さん

頼母木山から先に進むと「すげーなー!」と思わず声が出た。

頼母木山から地神山へは紅葉が散らばる
頼母木山から地神山へは紅葉が散らばる

輝く草紅葉 楽しそうな話し声が聞こえてくる登山者達
輝く草紅葉 楽しそうな話し声が聞こえてくる登山者達

歩いてきた道 歩いてきた道

すっきり晴れてほしかったが 地神北峰へ
すっきり晴れてほしかったが 地神北峰へ

こんな道をずっとニコニコした顔つきで歩いていた。笹原の中に、もこもこっとした何色もの紅葉が散らばって、 奇跡の業としか思えない自然の造形美が広がっていた。すごいね。

秋の飯豊とはこんなにも美しいのか。

胎内山から北方を見る 門内小屋、門内岳
胎内山から北方を見る
日陰になっている山が地神山。
門内小屋、門内岳

さて門内小屋に到着。ここでも少し迷ったが、もう一つ先へ進むことにした。 空は完全に雲に覆われ、いつの間にか暖かい陽射しは無くなっていた。気温がぐんと下がったので、吹き付けるガスの中を早足で進む。

北股岳のピークはまっ白け。風が非常に冷たく震えながら小屋へ下る。 やがてガスの中にぼんやりとグリーンのテントが見えてきたので安心した。

北股岳手前でガスの中へ 北股岳山頂 寒いー! 梅花皮小屋
北股岳手前でガスの中へ 北股岳山頂 寒いー! 梅花皮小屋

自分としては遅めの到着なので、中をうかがうように小屋の戸を開けると意外に空いていた。 小屋に泊まることを決め、窓際にマットを敷いて寝床を作って人心地。水場は小屋から近く、うまい水が十分に出ていた。

小屋内部 1階 治二清水 いい水でした 水場から小屋を見る
小屋内部 1階 治二清水 いい水でした 水場から小屋を見る

と、ここで大問題発生。今年はもうビールが売リ尽くされているとのこと、なんてこったい! 頼母木小屋であんなに安く売っていたのにー買ってくればよかったー。まさに後悔先に立たず。

結局小屋は半分ほどの入りだった。2,3のグループの話し声に寂しさを感じる。先週、尾瀬でわいわいと飲んだせいかな。 夕食を終えるころにはガスが下がっていたので、1人外へ出て、小屋の周りをぶらぶらして気を紛らす。


1日目の落日

「俺にもこんな寂しがり屋な面があるんだなー」と夕日を眺めていたら「あ、そうか」と気付いた。 いつもはビールっていう相棒がいるから、1人でも楽しいんだな、なーんだ。
1日目の落日

梅花皮小屋と後は梅花皮岳 夕日に照らされる大日岳−西大日岳
梅花皮小屋と後は梅花皮岳
夕日に照らされる大日岳−西大日岳

冷たい風が吹く中で、小屋からの展望がこんなだったのかと眺めていた。一日の終わりにいい景色を見せてもらってありがたい。

梅花皮岳の夕焼けが消えてから小屋に戻る。すっかり冷えきっていた体を、梅酒のお湯割りで暖めてからシュラフに潜った。

2日目ヘ